なぜ安くすることが可能になるか

作業員

東京には、いつから引越し業者がありますが最近は価格競争などから格安で引越しをすることができるようになっています。どれぐらい格安なのかといえば、例えば東京から大阪に引っ越しをする場合、従来ならば一人用でも\50000以上はかかっていました。ところが、非常に安い業者を見てみると、\20000ないしは\15000程度で引っ越しができるようになっているわけです。なぜこのように安くできるかといえば、最初からコンテナの大きさが決まっているからです。コンテナの大きさの範囲内ならば、どれだけ荷物を積んでもかまいません。そのため、工夫次第で格安に引越しをすることができるようになり無駄なお金を使わずに済むわけです。

別のことにお金を使うことができる

東京の格安引越し業者を利用することができれば、その分だけお金が安くなるでしょう。通常のプランに比べると、\20000ぐらいは安くなる傾向が多いです。ただ、大きなテレビやテーブルなどを運ぶことができませんので注意が必要です。およそ、1m四方で、高さが1mから1m70センチぐらいの箱をイメージしておけばよいでしょう。それぐらいの大きさの中に、積むことができるだけの荷物を入れて引っ越しをすれば、\20000前後で引越しができてしまうわけです。もし、浮いたお金があれば、その分新しい電化製品などを購入することができてしまいます。これにより、今まで以上に生活が豊かになるでしょう。

混載便になるため遅くなることもある

東京で格安の引越し業者を利用する場合、通常の引越しと異なり料金が安くなっているのは単にコンテナの大きさが決められているからだけではありません。実は、それ以外にも安くすることができる理由があります。その理由の一つが、混載便になっていることです。混載便とは、通常の引越し便と違って一つのトラックの中にいくつかのコンテナが積まれている状態です。つまり、ほかの人の荷物と一緒に同じトラックで運ぶことになるわけです。そうすると、通常の便と異なり、業者の都合で若干配達が遅れることが考えられます。人によっては、すぐに引越しをして荷物をまとめたいと考えている人もいますので、そのような人には向かない仕組みといえるでしょう。しかしその反面、少し余裕を持って準備をしておけば、到着が多少遅れても問題ないはずです。これにより、引越しの料金が安くなる効果を手に入れることができるとすれば、非常に魅力的なことが理解できるはずです。